ニュース

ラブリはレズビアンって本当?同性者に強制わいせつは事実なのか。SNSには意味深な投稿も!

モデルでタレントのラブリさんが知人女性への強制わいせつの疑いがあるとして話題になっています。

モデルにタレントとさまざまなところで活躍しているラブリさん。

Instgramのフォロワーは50万人の人気インフルエンサーです。

そんなラブリさんが本当に強制わいせつしたのでしょうか。

今回の記事では、ラブリさんにレズビアンのセクシュアリティはあったのか?強制わいせつが本当にあったのか、さまざまな角度から調べていきたいと思います。

ラブリの強制わいせつは本当なのか?

こういうイメージはあまりないラブリさんの報道にびっくりしている方も多いのではないでしょうか。

モデル活動をしながら、選挙の投票の呼びかけや動物愛護活動についてSNSで発信し、インスタグラムで約50万人のフォロワーを持つ“社会派インフルエンサー”のラブリ(31)。彼女から性被害を受けたと刑事告訴している女性が、「週刊文春」の取材に応じ、経緯を語った。

大手IT企業で働いていた20代後半のA子さんは、ラブリが関わるプロジェクトの責任者に就任。親睦を深めるため、2019年5月、和歌山県白浜町に計5人で旅行することになった。宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、先に部屋に戻って寝ていたA子さんをラブリが襲ったという。A子さんが振り返る。

「ラブリさんは『すごく舐めたいの』と言って私のジャンパースカートをめくり、パンツを脱がせました。反応する間もなく私の股間に顔をうずめ、陰部を舐め始めたのです」

驚いたA子さんは「男の子が好きなので、女の子は無理なんです」と何度も拒否したが、ラブリは「女の子も気持ちいいよ」と押し倒し続けたという。

「抵抗し続けていると、ラブリさんは『うるさい』ときつい口調で言い放ちました。驚いて動けなくなると、指を陰部に挿入し、がしゃがしゃと動かし始めたのです。午前6時40分頃、ようやく解放されました」(A子さん)

その後、ショックを抑えて仕事を続けていたA子さんだが、次第に「死にたい」と思うようになり、性暴力被害者を支援するNPO法人に相談。紹介された病院の医師からは「重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断された。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/42932

 

ここで整理しておきます。

ラブリさんは2019年11 月27日、元『MEN’S NON-NO』のモデルで映像作家の米倉強太さんと結婚しています。

そして、お子さんも誕生しています!

 

最近の投稿もやさしいお母さんの姿のラブリさんがいました。

 

こんな方が強制わいせつするようには思えないのが本心としてあります。

もっと詳しく見ていきましょう!

ラブリはレズビアン?

女性が女性に強制わいせつとなれば、少し気になるのは結婚しているけどレズビアンなのか。というところですね。

レズビアンとは、「自らを女性と自認しており、かつ女性が好きなセクシュアリティ」のことです。

ラブリさんは男性と結婚してお子さんもいます。

 

今回の騒動されている事2020年3月にも報道されています。

幸せ絶頂のはずのモデル・ラブリ(30才)が、今年に入り、“警察沙汰”のトラブルに巻き込まれていることがわかった。被害を受けたと訴えたのは友人女性。昨年11月に、元「MEN’S NON-NO」モデルで映像作家の米倉強太氏と結婚したばかりで、新婚生活を送るラブリに一体何があったのか。

“事件”は昨年夏。ラブリの友人が明かす。

「ラブリと男女の友人数人で地方に一泊旅行に行ったんです。そこで、女友達の1人とトラブルになってしまい……」(以下同)

その日、ラブリはお酒にかなり酔っていたという。

「相当飲んでいたようです。すっかり上機嫌になったラブリが、宿泊先の部屋で女友達のA子さんにしなだれかかって、キスしたり、ボディタッチをしたり……。彼女は昔からかわいい女性が大好きで、ちょっと悪ノリしてしまうところがある。その日もあくまでスキンシップの1つとして、ちょっかいを出したつもりだったんでしょう。ところが、A子さんはショックだったようで……。

旅行から帰った後、A子さんは長い間、思い悩んでいたそうです。悩んだ末、地元の警察署に相談した。ラブリに無理やり関係を迫られたと訴えたそうです」

ラブリに警察から連絡入ったのは年明けの1月のこと。突然、事情聴取を受けることになった。

「ラブリにとっては寝耳に水の話だったようで、“絶対にありえない”と驚いていたそうです。旦那さんと一緒に聴取を受けたみたいですが、ふたりともかなりショックを受けていました」

A子さんとラブリは気心の知れた仲だったという。それが、一夜にして関係が破綻してしまった。

「ラブリはもともとオープンマインドで、スキンシップも多いあっけらかんとしたタイプです。でも、今回の件でさすがに反省していました。ただ本人としてはA子さんといつものようにじゃれ合ったつもりだったので、なぜA子さんがそこまで怒ってしまったのかと落ち込んでもいたようです。警察関係者も“女友達同士の案件で、捉え方が難しい”という状況だったとか」

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20200311_1547814.html?DETAIL

友人が語るには、ラブリさんはもともとスキンシップが多いようです。

母親がフィリピンの方なのでその影響もありそうですね。

あと気になるのは、酔っ払って女友達のA子さんにキスしたり、ボディータッチしたり、、、、していた。

しかし、A子さんとはいつも旅行に行くくらい仲がいい関係性。ラブリさんからしたらいつものようにじゃれあっていただけなのに警察沙汰になるくらい嫌だったのか。。とショックを受けたそうです。

酔っ払っていたラブリさんは覚えていない。と書いてあります。

しかし、ラブリさんといえば酒豪で知られていますよね。そんな記憶をなくして自分がやったことも覚えていないというのはありえるのでしょうか。。

テレビ『朝まではしごの旅』でも酒豪っぷりが話題になっていましたが、全然ふつうに見えました。

どこまでが本当でどこからが事が大きくなっているのでしょうか。。

真相が気になりますね。

ひき続き調査していきます。進展があれば追記します。

ラブリ 意味深なSNSの投稿

20203月に書類送検されたと報じられていますが、同年3月7日にはこのような投稿をしています。

卑怯な手を使ってまで相手の社会を壊すことを私はしない。他人の社会とその後ろにある大切にしてきたものを壊してまで満たされたい自己の感情に純粋な言葉は見つからない。あなたが壊そうとしているもの、それは私が純粋に向き合い大切にしてきた場所だ。卑怯な手を使って壊した以上、何と言おうと以降の言葉のどこにも信じれるものはない。何と言われようと私は自分を信じていい。分かり合えない.ということを前提にして誰かと分かり合おうとしない限り、誰かと分かり合うことは難しい。生きる目的を見失い目的が相手が不幸になることになったとしたのであればその先に自身への希望はなく、自身への恐怖に包まれる。

引用:公式Instagram

今回、被害者とされているA子さん。一部では、ラブリさんに嫉妬があったという噂もあります。
それが本当なら、このラブリさんの投稿の意味が分かるような気がしますね。

ラブリ Twitterをやめた理由は?

2020年9月に公式Twitterを辞めています。

最後の投稿には、『やめようと思います。今までありがとうございました。』とあります。

Twitterを急にやめたのも、今回の騒動が関係しているのではというのも考えることはできます。

まとめ

今回の記事をまとめます。

ラブリが強制わいせつを本当にしたのか?については

はっきりとした真相はまだつかめていません。

ラブリは自身のInstagramで陥れられたような投稿をしています。

レズビアンなのか?については

母親が外国の方というのもあって、スキンシップが多め。

男性と結婚していて子供のいるので考えにくい。

という感じです。

LGBTは驚くことでもないし普通のことなので、レズビアンかどうかはどっちでもいいんですけどね!

この騒動の真相について調べていきます。

新しい情報があれば追記します。